●古紙のリサイクル
●機密書類・機密文書の安全処理
●機密扱い電子媒体の安全処理
●パソコン・サーバの安全データ消去
個人情報の保護
に関する取組み
機密書類処理
パソコン〜ハードディスク等の磁気データ消去処理
古紙リサイクル

「古紙広場」「古紙のリサイクル」「株式会社ミムラ」に
関するお問い合わせ

info@mimura.co.jp

機密書類、メディア、
パソコン・HDD等の
情報の抹消処理に
関するお問い合わせ

geox@mimura.co.jp


1999.8.27よりカウント

個人情報保護法対応各種処理サービス概要

個人情報保護法対応

機密書類、電子媒体の安全廃棄処理

JQA(財団法人 日本品質保証機構)認定処理施設……【認定番号 JQARC0001】
国内4カ所目・西日本初取得

     処理品目 レントゲンフィルム、磁気カード・CD・フロッピー・ビデオテープ 等…【電子媒体】
          名簿・成績表・カルテ・伝票・管理帳票 等 …………………………………【機密書類】


1 外部委託先の安全性

「個人情報保護法」では外部へ処理を委託する場合、その処理の安全性を求められます。ジオックスセキュリティセンターは外部の審査機関より機密書類処理の安全性を認定された本格的な処理施設。1年ごとの外部運用監査及び3年ごとに外部監査(更新審査)が義務付けられています。

平成21年7月31日 一般財団法人 日本品質保証機構(JQA)
「リサイクル処理センタ安全対策検査基準適合(新制度で再取得)
【適合証名番号 JQARC 0001】
平成22年7月13日、平成23年7月28日 定期外部運用監査
平成24年6月19日 第1回更新外部監査、更新許可取得
【適合証名番号 JQARC 0001】
以後の詳細は、「情報セキュリティに関する外部認証の取得状況」にてご確認ください。


3 搬送時(搬送車両)の安全性

機密書類搬送専用 密閉型車両{1〜4t)4台
GPS位置情報管理システム
防犯装置搭載
車両運行管理システム
(1秒おきの位置情報、速度を記録・保管
 運行トレース動画のCD配布も可能)


左から4t、3t、2tの各車両

2 社内保管の安全性

社内保管の安全性を高めた「シュレッド・ボックス」設置型の定期回収サービスをご利用ください。鍵の管理者を明確にすることで、社内一時保管も安全。逆流防止弁付“セキュリティ仕様”で厚さ4cmまで投入可能。中が覗けない、手が入らない。社内での廃棄書類の保管・管理に関しても安全性が高まります。

4 各種情報媒体の安全処理

書類は、指紋認証で入退室が制限されているJQA認定安全処理施設内にて、書類専用大型粉砕機により粉砕し、情報を完全に抹殺後、製紙原料としてリサイクル。ファイル入り書類・金属・布表紙付書類等、面倒な書類の分別・選別は必要なく、保管されているそのままの状態で処理できます。さらにミムラでは、紙媒体に加え、電子媒体の処理後の破砕物に関しても、「産業廃棄物中間処理施設許可」も取得しているため、産業廃棄物としての適正処理(マニフェスト発行)が可能です。



工場見学も、お気軽にお申し込みください。



TOP

Copyright 2011 c Mimura Co,.Ltd.