●古紙のリサイクル
●機密書類・機密文書の安全処理
●機密扱い電子媒体の安全処理
●パソコン・サーバの安全データ消去
個人情報の保護
に関する取組み
機密書類処理
パソコン〜ハードディスク等の磁気データ消去処理
古紙リサイクル

「古紙広場」「古紙のリサイクル」「株式会社ミムラ」に
関するお問い合わせ

info@mimura.co.jp

機密書類、メディア、
パソコン・HDD等の
情報の抹消処理に
関するお問い合わせ

geox@mimura.co.jp


1999.8.27よりカウント

情報漏れを防ぐ、機密書類 定期回収ボックス

※機密書類定期回収ボックスの貸し出し、設置、袋の取り替え・回収、機密書類情報の抹殺処理経費、メンテナンス費、封印処理費、証明書発行手数料など、必要な経費はすべて上記料金に入っています。
詳しくはシュレッドボックス単価表をご覧ください。




【書類専用大型粉砕機にてA4用紙換算で10万枚分を1度に粉砕。さらに100万枚分以上の粉砕物をストックし、撹拌・混合・圧縮加工されるため、1枚分の情報を見つけだし復元することは不可能に近い】

シュレッドボックスとは……
│個
機密書類専用 定期回収ボックス
回収容器

シュレッドボックスとは、オフィス内に設置していただくセキュリティ仕様の機密書類専用 定期回収ボックス(回収容器)のことです。
オフィスから発生する機密書類・機密文書は、すべてこのボックスに投入するだけ。
ファイル入り書類、厚手の書類、金具付き書類等もそのまま投入可能。面倒な分別・選別は一切不要。
シュレッダーに比べ、初期コストが低く、メンテナンスも不要。騒音はゼロ。手間取る排出ゴミも無く、人件費を大幅にカットできます。
ボックスに投入された機密書類・機密文書は、定期的に回収されJQA検査適合の機密書類安全処理施設(ミムラ ジオックス)内で情報が読み取れないように粉砕処理(情報の抹殺処理)されます。


1 Lタイプでは1日あたり1,000枚以上、またSタイプでは450枚程度発生する機密書類を
2 毎月1回 定期的にオフィスまで回収にお伺いし
3 お客様立会いのもと、ボックスごとの入れ替え(Lタイプ)、
3 施錠・封印処理後(Sタイプ)、厳重に処理施設まで搬送し
4 情報を抹殺した後、リサイクルすることが可能です。
5 必要な機密書類 定期回収ボックス容器の貸し出し、証明書発行費もすべて含まれています 。
機密書類定期回収ボックス貸し出し費・回収〜証明書発行まで、すべての経費込み。
Sタイプに関しては2台目より割引き適用。
※キャスターでの搬出可能な場所での価格です。
※その他地区の場合はお問い合わせください。
詳しくはシュレッドボックス単価表をご覧ください。

ダンボール箱に詰めて業者に渡す
一般の機密書類廃棄とは次元が違う!!
高度なシステムでありながら手順は簡単。ファイル、金属など分別不要。書類はそのまま機密書類 定期回収ボックスに投入するだけで完了。この機密書類 定期回収ボックスは堅牢な鋼板製であり安全性がまったく違います。一度投入するともう中身には一切、手が触れられず、そのまま安全処理施設まで運ばれます。搬出から処理終了まで、すべて固有のロット管理により、厳格な管理がなされます。


シュレッドボックス[機密書類 定期回収ボックス]
 1ヶ月間 無料お試しキャンペーン実施中
 
   岡山県 岡山市・倉敷市、
   広島県 広島市・福山市、
   香川県 高松市、他近隣地区

   詳細ならびに対象地区に関しては
   以下までお問合せください。

   お問合せ先 : ジオックス セキュリティ事業部
   TEL 086-255-9231   e-mail geox@mimura.co.jp



     
 
このページの内容に関する お問合せ先

株式会社ミムラ ジオックス セキュリティ事業部
岡山市北区北長瀬本町9−26
TEL 086-255-9231  e-mail geox@mimura.co.jp
 
     



TOP

 

Copyright 2011 c Mimura Co,.Ltd.