●古紙のリサイクル
●機密書類・機密文書の安全処理
●機密扱い電子媒体の安全処理
●パソコン・サーバの安全データ消去
個人情報の保護
に関する取組み
機密書類処理
パソコン〜ハードディスク等の磁気データ消去処理
古紙リサイクル

「古紙広場」「古紙のリサイクル」「株式会社ミムラ」に
関するお問い合わせ

info@mimura.co.jp

機密書類、メディア、
パソコン・HDD等の
情報の抹消処理に
関するお問い合わせ

geox@mimura.co.jp


1999.8.27よりカウント

段ボールケースごとの直接粉砕処理
【封印した段ボールケースごと、
誰の目にも触れず粉砕(情報を抹消)する方法】

弊社作業担当者さえ中身を見ることなく、封印した 段ボールケースごと、誰の目にも触れず粉砕する(情報を抹消する)方法です。情報の抹消としては最適の方法ですが、弊社にて内容物を確認することなく直接破砕するため、火災・破砕機のトラブル等を防ぐため、2cm以上の金属、摩擦により発火性の恐れのあるもの等の完全除去の制約があります。詳細につきましては、お問い合わせください。

粉砕処理見学室(2F)
 
投入工程
 
投入後の状態
20〜30ケースを一度に破砕可能

破砕している様子
 
さらに破砕している様子
 
破砕終了後の状態
破砕時間として30分程度必要


処理証明書の発行

 

お預かりした機密書類は、右記のマニフェスト様式の「機密書類 廃棄管理票(再資源化証明書)」を用いて、受取り〜搬送〜施設受入〜粉砕処理の各工程の責任の所在を明確にして管理されます。
粉砕処理終了後は、マニフェストに付随している「機密書類 粉砕処理証明書」に必要事項を明記・押印して送付いたします。

 

 
機密書類 廃棄管理票(再資源化証明書)
【機密書類 粉砕処理証明書】


処理施設のセキュリティ

 

JQA検査基準適合の扉の厚み強度、指紋認証出入管理・レーザービーム防犯監視・セコム遠隔監視システムなどに加えて、以下のようなセキュリティチェック態勢を整えています。

 

 

 
見学者用通路から工程確認(2F)
 
事務所からもモニターを監視

Copyright 2011 c Mimura Co,.Ltd.