●古紙のリサイクル
●機密書類・機密文書の安全処理
●機密扱い電子媒体の安全処理
●パソコン・サーバの安全データ消去
個人情報の保護
に関する取組み
機密書類処理
パソコン〜ハードディスク等の磁気データ消去処理
古紙リサイクル

「古紙広場」「古紙のリサイクル」「株式会社ミムラ」に
関するお問い合わせ

info@mimura.co.jp

機密書類、メディア、
パソコン・HDD等の
情報の抹消処理に
関するお問い合わせ

geox@mimura.co.jp


1999.8.27よりカウント

古紙の中に入れてはいけない品目

古紙の回収といえば、ふつう、下記の引用記事のような禁止事項があります。
しかし、弊社では、オフィスより廃棄される一般書類・機密書類などに関しては、面倒な分別、禁忌品の除去作業などを込めたいわば「おまかせサービス」としてお引き受けすることが出来ます。
机の上、書庫などに保管されているままの状態(ファイル入り、金属付き、カーボン紙、写真、感熱紙などの混在している書類)での処理・お引き受けが可能です。古紙回収ご利用の際は、ぜひとも当社までお問い合わせください。


不用となった紙は再生(回収)ルートに乗せてはじめて、古紙としていかすことができます。
再生ルートに乗るか、はずれるかで、古紙になるか、紙ゴミになるかが決まります。再生ルートに乗せるためには、古紙を分別して、禁忌品(きんきひん)を取り除いておくことが必要です。
紙はその原料となるパルプの種類によって品質や特性が異なります。そのため、製紙工場では一定の品質の紙を作るために、原料として使用する古紙の種類をそろえなければなりません。回収の段階で古紙が分別されていないと、製紙工場ではそのまま使用できなくなってしまいます。
また、禁忌品と呼ばれるものは、紙の原料とならなかったり、紙を作る上で重大な障害をおこしますので、古紙の中には入れてはいけません。布、ガラス、金属
 

など、紙でないものはもちろんですが、写真、感熱紙など、紙であっても禁忌品になるものがあります。
古紙の回収にあたっては、新聞、雑誌、段ボールなど種類別にきちんと分別し、禁忌品を取り除き、ばらばらにならないようにヒモでしっかりしばってください。私たちがちょっと手間をかけることで、古紙の原料としての価値を高め、再生される紙の品質を高めることができるのです。
なお、牛乳パックの回収が各地で行われ、トイレットペーパーなどの原料として一部の製紙メーカーで利用されていますが、これは牛乳パックだけを回収し、利用するものです。牛乳パックは新聞、雑誌などの古紙のなかには入れないようにしてください。

(出典:「古紙のはなし」より)

TOP

 

Copyright 2011 c Mimura Co,.Ltd.